忍者ブログ
ONE-SLIPの別館
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

週末に初詣と初ツーリングを兼ねて、恒例の香取神宮に行った。一度MT-25を手放したときに店の方で剥がしていたお守りシールを再び貼り付けた。
一昨年は事故、去年は出先でのトラブルや天気に恵まれなかったが、今年は気持ちよく走れれば良いと思う。
PR

幸い今日は晴れだったが、北信の天気は回復が遅い予報で朝の志賀高原は雲の中だったので予定を変更して美ケ原方面へ向かった。
だいぶ時間がかかったので凍結は無いだろうと思っていて、実際凍結自体は無かった(溶けていた?)。
ただ写真の霜が木にも付いていて、木陰になっている路面に降り積もった箇所があり避けようがなく、その上に乗ってしまった。霜の区間はせいぜい10m程度で直線だったけど、やや勾配のある下りで霜が切れた先はすぐコーナーだった。ズルズル滑ったが転倒は免れたけど、あれでコケてたらかなりのダメージだったと思うので本当に運が良かった。

碓井峠からずっと雨だった。夕方に日が差して止むかと思ったけど、また降りだして、結局長野ではずっと雨だった。
目的地にもよるんだけど、今年は雨が多い。

純正のリレーが届いた。お値段は2,484円。汎用のLED対応のものと同じくらいの値段だった。ついでに旅先で切れて最寄りのガソリンスタンドに在庫していた21Wのバルブから本来の23Wのバルブに戻そうと、予備と合わせて2つ購入したら1パッケージ2つ入りだったので4本も買うことになってしまった。
ネットで見てみるとタンク下にあるリレーを交換している情報が多いが、サービスマニュアルを見てみると国内仕様のリレーはサイドカウルの中にあるようだ。多分パワーアシストクラッチのユニットがタンク下に配置されたことによって移動したと思われる。
この位置ならシートとサイドカウルを外だけで良いしリレー部品の交換ならバラす必要も無いので、またしても雨の予報が出ている週末じゃなく夜に仕事を終えてから作業することにした。
シートとサイドカウルを外すとすぐにリレーが露出する。この位置だと雨に濡れないとは言えないが、17年ものの部品なので雨風関係なく寿命だろう。リレーはゴムバンドで取り付けられているのでコネクタと部品を外して交換るだけだ。作業は数分で終わったが、サイドカウルのネジを落としてしまって暗い中(バイクのじゃなくキャンプ用の)ヘッドランプの明かりだけで小さなネジを探すことになり、思いのほか時間がかかった。
交換後にウィンカー、ハザードの両方をチェックし正常に点灯することを確認。スターターリレーがウィンカーリレーに並んで設置されているのでこっちも確保しておこう。

毎週末雨だったので、仕事が終わってから30分でも良いからバイクに乗ろうと先週の夜にカタナで走り出したところ、ウィンカーがまともに点滅しなかった。
これまでも何度か雨の後で灯火類の着きが悪い時があったが大抵は2、3回スイッチを入れれば回復した。今回はウィンカーの点滅の間隔が数十秒~数分と極端に遅い状況で、時間を置いたりスイッチの切り替えを繰り返しても変化が無かった。スイッチを入れた瞬間に点灯する場合もあれば、スイッチを入れてからかなり時間が経ってから点灯することもあるような状態が変わらなかった。メーターのランプやヘッドライト、テールとブレーキランプには異常は無かった。
ウィンカーバルブは全て点灯するので問題なく(ちなみにバルブが切れていたらハイフラになる)、ハザードとウィンカーの両方で同じ症状からスイッチに問題がある可能性も低い。電圧はアイドリングでもヨシムラのデジテンで14V前後で、バッテリーの状態そのものではないけどヘッドライトがついていることから電圧が低いという事は無さそうだ。前に旅先でバルブが切れた際に23Wのバルブが無くて21Wのバルブを代用してそのままというのもあるが、ここで急に変化する原因になるとも思えない。
ここまで考えるとケーブル類の接触が悪いかウィンカーリレーに原因がありそうだ。2週間ほど前に乗った時は問題が無かったことから、急に駄目になりそうなのはウィンカーリレーの方なのでとりあえずこちらを交換してみる予定。
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
最新コメント
[04/14 N品]
[12/23 時計コピー]
[10/18 シャネル腕時計]
[09/06 takezo]
[08/14 うんにょ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
雲如
HP:
性別:
男性
バーコード
ブログ内検索
カウンター
忍者ブログ [PR]